関節痛の原因と予防法

2013.4.11|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

関節は骨と骨をつなぐ、大事な部分です。
その骨と骨の間には「関節包」があり、そこに
関節液と呼ばれる液体があります。それに加えて、、
軟骨があることで、骨と骨がこすれあうことを
防いでいます。

 

歳をとると、この関節液や軟骨はすり減り、
骨と骨が直接こすれあうことで痛みが発生します。

 

中高年になって膝に違和感を感じるようになった場合、
悪化を遅らせるためにも、体を冷やしたり、正座で座ったり
することを避け、クッション性の高い靴や軽い体操するなどを
することで、症状の進行を遅らせることが出来ます。

 

膝の関節痛の場合、肥満が原因でなることもあるので、
自己管理をしっかりとして、肥満にならないことも
予防つながります。

 

細菌や化膿によって生じる関節の痛みもあります。
黄色ブドウ球菌や連鎖球菌など、感染症を起こす細菌が
関節で化膿を起こして、痛みを発生するものです。
炎症を予防する対策が重要になります。

 

ケガによって、関節を痛めてしまうこともあります。
ケガをすることで、体がその部分を補うような体勢で
生活をしてしまいます。そのため、関節に負担がかかり
関節炎を発症してしまうというものです。

 

ケガをした時には、杖やサポーターを活用して、できるだけ
正しい姿勢を維持し、関節への負担を軽減しましょう。

 

 

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。