関節リウマチの治療方法

2013.4.11|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

関節リウマチははっきりとした原因がわからない病気です。

 

そのため、治療の中心は、リウマチの原因となっている、
免疫の過剰なはたらきを抑える薬の投薬によって
行われることが多いです。

 

薬の種類としては、白血球によって攻撃された部分の炎症を抑えるアスピリンなど、
免疫に関わる白血球を抑制するリウマトレックスなど、
免疫に重要な働きをするリンパ球を抑制するシクロスポリンなど、そして、
白血球を活発にしたり、増やしたりする物質を抑える抗サイトカイン薬
と呼ばれるトシリズマブなどがあります。

 

これらの薬にはそれぞれ、副作用がありますが、関節リウマチの
進行を遅らせる働きがあります。

 

関節リウマチが進行してしまった場合は、外科的な手術が
必要になる場合が生じます。

 

その内容としては、破壊の進んだ関節を人工関節に置き換える手術があります。
肩や、ひじ、膝や股の関節の部分を置換手術を行うことがあります。

 

その他には、変形して痛みを発生させている骨を削るなどして、痛みを取り除く、
形成術などが、関節を固定することで、可動性を制限するが鎮痛の効果が高い、
関節固定術、腫れて炎症を起こしている滑膜を関節から取り除く、滑膜切除術が
あります。

 

 

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。